So-net無料ブログ作成

虫歯とは

虫歯(齲蝕)と呼ばれ、口腔内に細菌が作り出した酸によって歯のエナメル質と呼ばれるハイドロキシアパタイトを喪失させ歯が欠損することをいいます。

歯周病と並び歯の2大疾患の一つで齲蝕された歯は一般的に虫歯と呼びます。

虫歯は非常に一般的でどの世代も抱える病気の一つです。

特に幼いお子さんの生えたばかりから永久歯は歯の石灰度が低いため非常に虫歯になりやすく
未成年に多く見られます。

最近では、高齢化に伴い高齢者の虫歯も多くみられるようになりました。

それだけ歯が残っている人が多くなったということですね。

80歳で20本と言われていましたが、現在では残存歯が非常に増加しています。

残存歯が増加している背景には、
歯科医療の発展とデンタルケアの浸透があげられます。

虫歯予防に対する関心も非常に高くなっておりこれからもデンタルケアに
関する関心は高くなるものと考えられます。

高齢の方たちですと
自分歯で美味しくご飯が食べられる楽しみを得られることで
充実した毎日を送られるそうです。

そして、
残存歯が残るということは非常に力を入れたり踏ん張れたりとスポーツを楽しむのも容易です。



このことからも、
幼少時からのデンタルケアの重要性が問われています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。