So-net無料ブログ作成

歯垢染色液でブラッシングが10倍楽になった! [虫歯菌除去歯みがきこブリアン]

毎日仕上げ磨きをしているのがですが、

やっぱり不安はつきもの。



子供たちには絶対に虫歯にしたくない!

という変なプライドがあるんです。



そもそも虫歯は親の責任といわれているのでこれが原因かも。



今回はそんな歯みがきで不安になったので、

歯垢染色液というものを使って

仕上げ磨きができているのか

確認してみたとさ。



歯垢染色液は染め出しといって

きれいになっていない歯に色を付けて

みやすくしてしまおう!



という製品です。



食紅みたいなものなので、

体に影響はないようです。



ただし服につくと取れないの注意が必要です。



自身も使っていますが、

白いTシャツなどにはねて取れません。



今回利用した歯垢染色液は、

ジーシーという会社が販売している商品。



プラークテスターともいわれています。



歯医者さんで買ってもいいですが、

高いと思います。



意外と利益乗っけられるので、

基本楽天やAmazonで簡単に手に入れられます。



1000円くらいでしょうか。

1度で全部なくなることはありません。

週に一度の頻度で1年ほどは持つのでは。



さて使い方です。



はじめに子供たちに歯磨きしてもらいます。



我が家では歯磨き嫌いくんのために、

例の歯磨きを使っています。

ちなみにグレープ味です。




私が参考にしているのはこちらのサイト。合わせて読んでみてもいいと思います。






用意するもの


・綿棒 必要分



歯垢染色液をつかっていくわけですが、

我が家では綿棒を使っています。



歯磨きが終わった子供たちが口を漱いだ後に、

綿棒に歯垢染色液を住み込ませ

子供たち歯にまんべんなく塗ります。



上の歯

下の歯

前後

奥歯

裏側



そう全部。



塗り終わったら、

口を軽く漱いでもらいます。



強くぐちゅぐちゅぺっすると

歯垢染色液がすべてとれてしまうので。



あとは仕上げ磨き用の歯ブラシで丁寧に磨きます。



とくに注意が必要なのが、

色が濃く歯に残っている部分。



普段磨けていないところといっても問題ありません。



入念に磨いていきます。



鏡の前で子供に見せながら磨くと、

次から気を付けているように思えます。



すべて磨き終わったら、

口をすすいで完了です。



歯垢染色は週に1度。



必ず塗って磨けていない部位をチェックしています。



毎日手をくわえ、

ケアし続けることが

虫歯ゼロの秘訣といえそうです。



歯磨きに抵抗があるときは、

歯磨きが好きになれる歯磨き粉を利用してみてもいいと思います。



磨けないよりも磨けたほうがgood



簡単ですよね。

あとは行動するだけなんで。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。